僕は橋本と旅に出る

僕は橋本と旅に出る

~旅を夢見る橋本病患者の闘病日記~

橋本病の前兆だったかもしれない症状

こんにちは、みさです。

 

最近は、週3日でアルバイトしながらスキルを身につけつつ、資格の勉強をする日々を送っています。

 

前のバイトとは違って、今度は体力がいるのと勤務時間が長い日もあるので、週3日とはいえ結構必死です。

 

それでも、フルタイムで働けると「私でも1日働けた!」と嬉しくなるので少しずつ日にちも増やせていけたらなと思います(^^)

 

 

さて今日は、橋本病の前兆だったかもしれない症状についてお話ししたいと思います。

 

「だったかもしれない」って、とんでもなく曖昧で申し訳ないのですが(笑)、私はお医者さんではないので、医学的根拠は一切なく、あくまでも主観になってしまうので、このような表現になってしまいました(^-^;なのでそのあたりはご了承くださいm(_ _)m

 

それでもこの記事を書こうと思ったのは、橋本病の症状として知られている、

・倦怠感

・寒がりになる

・抜け毛

などが出る数年前にも、今思うと「もしかしてあの症状も、橋本病に関係があったのでは・・・?」と気になる症状が出ていたことを、思い出したからです。

 

この記事を読んでいる方の中にも、同じ症状が出ていた人がたくさん居たら、世紀の大発見になるかもしれないですね!!(大袈裟)

 

前置きが長くなってしまいましたが、どうぞお付き合いください(^-^;

 

 

 

1.首元が赤い

ある日、ふと鏡を見ると首元(鎖骨の間の凹んでいるところ)が赤くなっていました。

 

「そういえば、5年くらい前もこうやって赤くなって気になってたことがあったなあ」と思い出しました。

 

ネットで調べても、橋本病の症状に「首が腫れる」というのはあっても、「首元が赤くなる」というのはないので、直接関係があるのかはわかりませんが、甲状腺のある首での症状なので、なにかしら関係があったのではないかと思いました。

 

 

 

2.帯状疱疹

これもちょうど5年くらい前に発症しました。

 

最初、普通の湿疹だと思い、いずれ引くだろうと放置していたのですが、かゆいしピリピリとするようになったので病院へ行ったところ、帯状疱疹と診断されました。

 

「なんでもっと早く来なかったんですか!」とお医者さんには怒られてしまいました(^-^;

 

というのもこの帯状疱疹、治療が遅れると神経痛が残ってしまうこともあるため、早期治療が大切なのです。

 

幸い、痛みは残らず(たまに違和感は感じますが)、きれいに治りました。

 

 

なぜ、帯状疱疹を橋本病の前兆だったかもしれない症状として挙げたかというと、発症する原因に免疫力の低下があるためです。

 

ネットで調べてみると、自己免疫疾患との関連を示唆する論文などが出てきたり、若年で帯状疱疹を発症する人は自己免疫疾患にかかっている可能性があると書いてあるサイトがあったりします。

 

なので、自己免疫疾患である橋本病となにかしら関係があるのかもしれないと思い、前兆として挙げました。

 

 

 

まだまだ謎多き橋本病

以上、橋本病の前兆だったかもしれない症状でした。

 

地域によっては指定難病とされている橋本病。

まだ原因もはっきりとは分かっておらず、症状も人によってまちまちです。

 

なので、「これは多く知られていることじゃないけど、もしかしたら橋本病の前兆だったのかも?同じような症状が出ていた人もいるかもしれない!」と思ったので、ブログに書いてみることにしました。

 

橋本病をはじめとした自己免疫疾患はまだまだ謎だらけですが、いつの日か、原因や明確な治療法などが分かり、多くの人が楽に暮らせる日が来てほしいなと思います。

 

個人的には、薬を一生飲まなくてもいい治療法が見つかったら嬉しいな!

 

広島県宮島に向かうフェリーの船内

広島県にて】

 

にほんブログ村 病気ブログ 甲状腺機能低下症へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 病気ブログ 橋本病へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング