僕は橋本と旅に出る

僕は橋本と旅に出る

~旅を夢見る橋本病患者の闘病日記~

橋本病が分かって、5か月が経ちました(1か月ごとの様子と薬の量の変化)

こんにちは、みさです。

 

ここ最近、アルバイトの関係で2日間ほど出ずっぱりだったのですが、なんとか乗り切れました!疲れはしましたが(^-^;

 

体調に波はあるけれど、一歩ずつ成長してます。

 

 

橋本病が分かって、約5か月が経ちました。

もうすぐ半年だと思うと・・・時の流れは早いですねえ。

 

そこで今日は、1か月ごとの症状や薬の変遷を、振り返ってまとめてみたいと思います。

 

 

 

1か月目

様子】

橋本病が分かってからの1か月は、お仕事を休職していました。

 

症状は1番辛かった時期です。

強い倦怠感・眠気・抜け毛・気分の落ち込み・無気力・肌の乾燥・手の震え etc

 

特に倦怠感が強く、この1か月はほとんど布団から起き上がれず、1日寝たきりという日が多かったです。

お風呂に入る元気さえありませんでした。

 

また、気分の落ち込みと無気力の症状も強く、本を読んだり、映画を観たりなど、「何かしたい」と思えず、ボーっとして1日を過ごすことが多かったです。

後半になってくると、少しずつ本を読めるようになってきました。

 

 

【薬】

チロナミン5mcgを1錠と、チラーヂン25μgを1錠飲んでいました。

 

飲んでいた時間帯は、朝ご飯を食べてから飲んでいました。

 

 

 

2か月目

【様子】

2か月目は、短時間ですが復職しました。

 

仕事以外の時間は、布団で寝ていました。

仕事が終わってからも、フラフラで柱に寄りかかって休憩するなど、ギリギリの体調でした。

 

症状は、

強い倦怠感・眠気・抜け毛・気分の落ち込み・無気力・肌の乾燥・手の震え etc

と、変わらず出ていました。

 

薬のおかげで、倦怠感は1か月目に比べると少しは楽になりましたが、「これだけしか良くならないのか・・・」といつまで続くか分からない不調に悩んで、仕事を辞めました。

 

 

【薬】

チロナミン5mcgを1錠と、チラーヂン25μgを2錠飲んでいました。

 

チラーヂンが1錠増えました。

飲む時間は変わらず、朝食後です。

 

 

1か月目と2か月目の詳しい様子については、この記事に書いていますので、よかったらこちらを読んでみて下さい。

 

 

ikiterudakede-marumouke.hatenablog.com

 

 

 

 

3か月目

【様子】

仕事はもうしていなかったので、本を読んだり、散歩をしたりして過ごしていました。

 

症状としては、

強い倦怠感・眠気・抜け毛・肌の乾燥 etc

と3か月目で少し楽になってきました。

 

気分の落ち込みと無気力の症状がなくなったので、こうやって「ブログを書いてみよう!」と思えたり、「たくさん本を読もう!」と思えるようになったので、見た目にも元気になってきていたと思います。

 

 

【薬】

 チロナミン5mcgを1錠と、チラーヂン25μgを2錠飲んでいました。

 

 

 

 

4か月目

【様子】

4か月目の半ばあたりから、半日の友達との外出もできるようになりました!

さすがに、出掛けた翌日は疲れてしまうのですが、日常生活に戻るための大きな変化があった月でした(^^)

 

症状は、

 強い倦怠感・眠気・肌の乾燥 etc

と、抜け毛が気にならなくなりました。

 

今でも抜けますが、ギョッとするほど抜けることはこのあたりからなくなりました。

 

 

【薬】

チロナミン5mcgを1錠と、チラーヂン75μgを1錠飲んでいました。

 

錠剤の数は減りましたが、量としてはチラーヂン25μg×3なので増えています。

 

 

 

5か月目

【様子】

4か月目から5か月目は、体調が回復に向かって大きく変化した時期でした。

 

4か月目には、半日の外出でしたが、5か月目には1日の外出もできるようになりました!

しかも、1日歩き回ったり、日帰り旅行をしたりと、体力を使うこともできるようになりました。

 

今でも、眠気が強くて何もする気になれない時や、体力を使った翌日はぐったりする日もありますが、だいぶ普通の体力に戻ってきたと思います。

 

最近は、気圧の変化に敏感に反応している気がします。

症状は、

 強い倦怠感・眠気 etc

と、気になる症状は少なくなりました(^^)

 

 

【薬】

チロナミン5mcgを1錠と、チラーヂン75μgを1錠飲んでいます

 

アルバイトを始めたので、様子をみてまた薬の量を調整していくとお医者さんにも言われました。

 

 

 

時間はかかるけれど、必ず良くなる

橋本病が分かってから今までを振り返ってみて、ここまで回復すると思わなかったなあと嬉しい誤算を発見することができました。

 

症状が辛かった時は、

「いつまでこの症状が続くんだろう・・・」

「本当に元の生活が送れる日が来るのかな・・・」

と思っていましたが、5か月が経って、友達と1日遊んだり、アルバイトをしたりできるまで回復しました!

 

人によって個人差はありますが、薬を服用してから、約1~4か月で効果が出ると言われています。

 

私の場合は、3か月までは目に見えた効果は見られませんでしたが、5か月で効果が出たと言えるくらい回復しました。

 

「本当に薬が効く日が来るのかな」と不安に思っている方も、必ず効果が出る日が来ます。

治療は長期間、薬は一生と厄介な病気ですが、うまく付き合っていけるようマイペースに頑張っていきましょう(^^)

 

 

代々木公園の池に写る桜

【東京にて】

 


にほんブログ村

 


にほんブログ村

 


人気ブログランキング